/

セーブオンのコンビニ、「ローソン」への転換を発表

ローソンと中堅コンビニエンスストアのセーブオン(前橋市)は1日、「セーブオン」ブランドのコンビニを「ローソン」に転換すると発表した。セーブオンは群馬県や栃木県など関東を中心とした6県で503店舗(2016年12月末)を展開しており、このうち長野県を除く5県の501店舗が対象となる。今夏から転換を始め、18年末までに終える計画だ。

セーブオンがローソンと、「ローソン」ブランドのコンビニを展開するための「メガフランチャイズ契約」を結んだ。群馬、栃木、新潟、埼玉、千葉の5県が対象。長野県の2店舗を転換するかは今後両社で協議していく。セーブオンはコンビニ事業を継続するが、ほぼ全店がローソンに切り替わることになる。

セーブオンはこれまでも12年に富山県のコンビニをローソンに譲渡したほか、東北などのコンビニをローソンに転換してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン