/

資生堂、保育所に参入 JPと新会社

資生堂は1日、保育施設運営のJPホールディングス(HD)と保育事業を始めると発表した。2017年2月にも共同出資会社を設立し、事業内保育所の運営受託を手掛ける。従業員が働きやすい環境づくりを進める。資生堂は今後、他社からも事業内保育所の運営を受託する考えだ。

JPHDとの新会社への出資比率は資生堂が51%、JPHDが49%。まず、2017年秋に資生堂の掛川工場(静岡県掛川市)内に設ける保育所の運営から始める。資生堂の社員だけでなく、工場周辺の住民も利用できる保育施設にする。その後、掛川工場での経験を生かし、全国各地で企業内保育所の運営受託を手掛ける予定だ。

新会社では、同志社大学の赤ちゃん学研究センターと協力し、子どもたちの発達行動も研究する。

JPHDは9月に相鉄ホールディングスから保育所事業を買収し、首都圏などで営業基盤を拡大している。資生堂は、保育事業に豊富なノウハウを持つJPHDと組み、保育所事業に参入する格好だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン