ファストリ、国境越え人材登用 人事システム統一へ

2015/11/2 2:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファーストリテイリングは、現地採用の外国人社員を母国だけでなく日本を含めた世界で幹部に起用する取り組みを始める。来年にも世界共通の人事システムの運用を開始。約9万人いる社員の人事情報を一括して管理し、世界に散らばる優秀な人材を発掘、機動的に配置転換できるようにする。国境を越えて多様な人材の流動性を促し、国際競争力を高める。

日本企業では、日立製作所など早くから海外展開している製造業が世界共通基準…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]