/

「ミラーレス一眼」初の2割超え デジカメ1~6月世界出荷

カメラ映像機器工業会(CIPA)が1日に発表した1~6月期のデジタルカメラ統計で、ミラーレス一眼の世界出荷実績がレンズ交換式のうち2割を超えた。これまで普及が遅れていた欧米でも本格的に売れ始め、初めて大台に乗った。

ミラーレス一眼の出荷は8カ月連続で前年実績を上回った。1~6月の世界出荷額は前年同期比40%増の607億円で、レンズ交換式のうち22.3%を占めた。統計のある2012年以来、1~6月期で初めて2割を超えた。一方で、デジタル一眼レフは15.7%減の2113億円だった。

ミラーレス市場では富士フイルムやソニーやパナソニックといった日本企業の存在感が大きい。12年にミラーレス市場に参入した富士フイルムの古森重隆・会長兼最高経営責任者(CEO)は「写真愛好家層は描写力のあるカメラを好み、ミラーレスはそれに対する最強の答えだ」と話す。

14年度の出荷台数は前年度比56.6%減200万台を計画する。低価格コンパクトを大幅に縮小する一方、利幅の大きいミラーレス一眼の販売を拡充する。4~6月期の販売実績は68万台と出足は好調という。

14年2月に発売した「X-T1」は発売以来、当初予定の2倍、2万台で5カ月間増産している。電子式ビューファインダーの性能向上にこだわり、ミラーレスの弱点とされてきた表示速度の遅れも大幅に改善した。

ミラーレスの普及を加速させたのが、昨年11月以降に各社が発売した高性能機種とされる。ソニーやパナソニックなど、平均単価が10万円を超える高級ミラーレスが続々と登場している。

ソニーの「α7」は一眼レフに使われる「フルサイズ」と呼ばれる大型撮像素子を搭載した。ミラーレス一眼の苦手分野だった自動焦点で、世界最速の0.06秒の高速性能を持つ「α6000」を14年3月に売り出した。08年に世界初のミラーレスを売り出したパナソニックも4月に世界初の4K対応機を発売し、赤字のデジカメ事業の採算改善を急ぐ。

ミラーレスが市場に登場してから6年。4倍以上の市場規模を持つ一眼レフは依然として根強い支持を得ている。成長分野として、さらに競争が激しくなりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン