/

この記事は会員限定です

地方・アジア線運航受託 三菱商事など新会社検討

[有料会員限定]

三菱商事や三菱重工業などは地方路線や近距離アジア路線を運航する新会社設立で連携する。産学による協議会を設立。国産初のジェット機「MRJ」を使い、航空大手や地方空港を拠点にする地元企業から運航業務を受託する事業を検討する。燃費効率のいい最新鋭機を駆使して低運賃を実現する。アジアからの訪日需要を取り込み、地方空港の活性化を担う。

社団法人「次世代地域航空ネットワーク検討協議会」を発足した。三菱商事と、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン