/

ゼンショー、カフェ併設の牛丼店 インドネシアで

■ゼンショーホールディングス 30日、インドネシア・ジャカルタ北部のショッピングモールにカフェ併設の牛丼店「すき家」を開いた。牛丼などの食事に加え、抹茶を使った飲料やデザートを提供する。

すき家にカフェを入れるのはアジアで初めてで、嗜好が多様化するインドネシアのファミリー層を狙う。

すき家の店舗内に抹茶を使った飲料を販売する「SUKICHA」のカウンターを設置した。飲料のほか、抹茶を使ったシャーベット状飲料「フラッペ」も販売する。抹茶を専門に扱うことで他の飲食店との違いを出し、牛丼などとの相乗効果も狙う。

ゼンショーは2014年にインドネシアへ進出。現在、ジャカルタや近郊の都市ですき家を5店舗運営する。(ジャカルタ=鈴木淳)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン