2019年9月16日(月)

マレーシアのメイバンク、純利益16%減 1~3月

2016/6/2 21:19
保存
共有
印刷
その他

■マラヤン・バンキング(メイバンク、マレーシアの銀行最大手) 2016年1~3月期の純利益は前年同期比16%減の14億3000万リンギ(約380億円)。貸出先の債務繰り延べが増え、貸倒引当金を積み増したのが響いた。

証券取引所への届け出によると、利息収入は12%増の53億リンギ。貸し出しの増加による増収だ。

厳しい経済環境の中で借り手企業の債務繰り延べが増え、貸し出しの減損損失は3.5倍の8億6500万リンギに膨らんだ。商品価格の下落が支出と輸出の重荷となり、マレーシア経済の今年1~3月期の成長率は4.2%と前年同期の5.7%から減速している。

メイバンクの事業部門別の税引き前利益は、小口金融が15%増の11億リンギだったのに対し、企業金融は10%減の1億3200万リンギ。この落ち込みを32%増、4億6700万リンギの利益を上げたイスラム金融が補った。(クアラルンプール=CK・タン)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。