/

銀聯、国外での現金引き出し制限強化

■中国銀聯(上海市) 10月1日から銀聯カードを利用した中国国外での現金引き出しについて年間10万元(約190万円)の上限を設けると発表した。現在の上限は1日1万元。当局による外貨管理の厳格化が背景にあるとみられる。

中国では個人の両替は年5万ドル(約600万円)までしか認められていない。ただこれまで銀聯カードを利用した中国国外での現金引き出しはこの規制の対象外となっていた。

中国銀聯は新規制について国家外貨管理局の要求が理由としている。(上海=土居倫之)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン