/

この記事は会員限定です

インド日用品のダブール、東南アを開拓

伝統医学生かす

[有料会員限定]

伝統医学「アーユルベーダ」を生かした日用品や食品を手掛けるインドの地場系日用品最大手、ダブール・インディアが東南アジアに進出する。過去10年で売上高が6倍に急成長した老舗企業の海外展開はこれまで、中東やアフリカが中心だった。もう一段の成長へインドの漢方ともいえる商品の健康イメージを武器に、新市場開拓のかじを「東」へ切る。

スニル・ドゥガル最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に「ASEAN...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン