韓国KB証券、ベトナムの証券会社買収 37億円

2017/9/29 20:42
保存
共有
印刷
その他

■KB証券(韓国) ベトナムのマリタイム証券の株式99%を地元株主から買収することで合意した。買収額は7560億ドン(約378億ウォン、約37億円)とされる。ベトナムでは韓国の証券会社が地元企業を買収して参入する動き相次ぐ。

中堅のKB証券はKBフィナンシャル・グループの子会社。74あるベトナムの証券会社の1社、マリタイム証券の2016年の市場占有率は、ハノイ証券取引所で3.5%、ホーチミン証券取引所で1.7%だった。同社は年初、ハノイ証券取引所への株式上場を登録したが、結果的に上場登録を取り消し、投資家への株式売却を交渉していた。

韓国の証券会社である未来アセット大宇とNH投資証券、韓国投資証券、ゴールデン・ブリッジ投資証券、新韓フィナンシャル・インベストメントの5社は既にベトナムに事務所を開設し、M&A(合併・買収)を実施して参入している。

サムスン証券も海外のファンドを通じてベトナム最大の投資ファンド、ドラゴン・キャピタルへの投資を計画中だと発表した。

サムスンの広報担当者は「ポートフォリオの一環として海外ファンドに投資し、ファンドはドラゴン・キャピタルへの投資を検討している」と語った。(ソウル=金再源)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]