/

ミャンマーのウーレドゥー、業務向け携帯回線ネット

■ウーレドゥー(ミャンマーの携帯電話通信事業者) 携帯電話回線を使ってオフィスのパソコンをネットに接続するサービスを始めた。5月に本格運用が始まった第4世代(4G)通信を用い安定した接続が可能だという。

新サービスは中小企業や個人事業者向けに開発した。オフィスに無線LAN(構内情報通信網)の機能がついた小型装置を設置して接続する。ミャンマーでは光回線などの固定回線が普及しておらず、業務でも携帯回線でネット接続をすることが多い。

データ通信に強いウーレドゥーの回線を使うことで「安定性が高まる」(同社)という。価格は月間30ギガバイトまでで3万5000チャット(約2800円)、容量無制限で10万チャットに抑えた。

(ヤンゴン=新田裕一)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン