中国の輸出規制で生薬高騰 業界に危機感

2014/10/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製薬各社がミャンマーなどで生薬栽培に乗り出した背景には、原料の中国依存が漢方薬市場の成長を阻害しかねないという危機感がある。

東京生薬協会会長を務める龍角散(東京・千代田)の藤井隆太社長は「第2のレアアース問題だ」と指摘する。高性能磁石などの原料として欠かせないレアアースの価格が最大産出国の中国による輸出制限で高騰し、日本の産業界を一時揺るがせた構図と相似形というわけだ。

生薬価格は中国発のイン…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]