プロレス、世界で勝負 新日本が海外で大会
WWEはネット配信

2014/10/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プロレスがビジネスでも「世界チャンピオン」を目指して動きだした。米最大手のWWEは課金型のインターネット映像配信サービスを170カ国以上で始めた。新日本プロレスリングも北米やアジアに進出した。新たな収益源の確立でグローバルな娯楽産業に生まれ変わろうとしている。

「WWEネットワーク」は月額9ドル99セント(約1070円)。テレビのペイ・パー・ビュー(PPV)では60ドル前後する主要大会の生中継や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]