2019年7月17日(水)

シンガポールのDBS、インドでスマホ専用ネット銀行

2016/4/26 20:26
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=谷繭子】シンガポールの銀行最大手、DBSグループ・ホールディングスはインドでスマートフォン(スマホ)専用の銀行サービスを開始した。支店は開かず、急速に普及するスマホを通して個人向け市場に足がかりを築く。許認可などのハードルが低く、低コストで展開できることに注目した。インドネシアや中国などでも導入を目指す。

新銀行サービスの名は「ディジバンク・バイ・DBS」。26日、ムンバイで発表した。口座開設はスマホで必要情報を入力し、国内500カ所にある提携カフェで本人確認をすれば完了する。送金や残高照会、電子マネーの手続きはスマホ上で、入金や引き落としは国内銀行のATMでできる。人工知能を活用した応答システムを使い、顧客の問い合わせに24時間体制で対応する。機能を徐々に増やし、融資などにも対応する方針だ。

DBSはすでにインドで12店舗を展開しているが、これまでの事業は法人向けが中心だった。12億人の人口を抱え、中間所得層が急拡大するインドの個人向け銀行市場は潜在力が大きいと判断した。

地盤であるシンガポールは市場が小さいため、香港などアジアの銀行の買収・出資を進めてきた。しかしアジアには外資の出資規制など保護主義的な習慣が残る市場も多い。2013年にはインドネシアで当局が外資参入障壁を引き上げたためダナモン銀行の買収を断念せざるを得なかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。