東南アジアのネット通販、覇権争う

2016/3/1 0:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアのインターネット通販市場で外資と地場企業の競争が激しくなっている。外資では投資会社の独ロケット・インターネット系のラザダが資金力を生かした宣伝などで各国に浸透。ベトナムのバッザーなど地場企業は地元のメーカーや物流会社との連携で対抗する。米国や中国で最大手などの寡占が進む一方、ネット通販草創期の国が多い東南アジアでは、世界大手とは違う顔ぶれが覇権を争う。

「ネット通販を利用するようになっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]