/

エアアジア、7~9月最終赤字に転落 通貨リンギ下落で

【シンガポール=谷繭子】マレーシアの格安航空大手、エアアジアが26日発表した2015年7~9月期決算は最終損益が4億500万リンギ(約117億円)の赤字となった。通貨リンギが下落したことで、米ドル建て債務の返済負担が膨らんだ。前年同期は500万リンギの黒字だった。赤字転落は14年10~12月期以来、3四半期ぶり。

売上高は前年同期比15%増の15億1500万リンギだった。競争激化と景気低迷の影響もあり、本体のマレーシア事業で平均運賃は7%下落したが、旅客数が19%増えた。営業利益は58%増の3億1600万リンギだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン