2019年7月22日(月)

韓国セルトリオン最高益 4~6月営業8割増、リウマチ薬好調

2017/7/26 20:27
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国の製薬大手であるセルトリオンが26日発表した2017年4~6月期連結決算は、営業利益が前年同期比79%増の1383億ウォン(約138億円)だった。主力の関節リウマチ薬「レムシマ」の販売が世界で増え、四半期ベースでは過去最高益を更新した。

売上高は2461億ウォンと33%増えた。昨年末から米製薬大手ファイザーと連携してレムシマの米国販売を始めたほか、血液がんの治療薬「トゥルクシマ」を今年からドイツや英国で発売したことも寄与した。

セルトリオンはバイオ医薬品の後続品の開発を得意とする。需要の大きい超大型薬の後続品を他社に先駆けて製品化することで、高い利益率を確保している。同社は26日、製造工程を見直して、足元で5割を超える売上高営業利益率を一段と改善したい考えを示した。

年初に掲げた17年12月期通期の営業利益を4886億ウォンと前期比2倍弱にする計画については「十分達成できる」(セルトリオン)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。