2019年8月21日(水)

IHHヘルスケア、ヤンゴンに新病院 250床

2016/1/26 22:28
保存
共有
印刷
その他

■IHHヘルスケア(マレーシアの病院運営大手) ミャンマーの最大都市ヤンゴンで250床の病院の建設プロジェクトに着手した。IHHによる新興国市場での事業拡張としては最新のプロジェクトとなる。

パークウェイ・ヤンゴン病院は、50年のリース契約を結んだ1万7400平方メートルの土地に7000万ドル(約82億6000万円)の建設費を投じて建設される。

同プロジェクトは2020年に完了する予定で、完全子会社のパークウェイ・ヘルスケア・インドチャイナ、現地パートナーのAMMKメディケア・カンパニーとグローバル・スター、およびシンガポールのマコンドレイ・ホールディングスから成る合弁企業連合、アンダマン・アライアンス・ヘルスケアが手掛ける。

パークウェイ・ヤンゴン病院はBOT(建設・運営・譲渡)方式を採用し、ミャンマーの医療サービス向上に向けた国家的な取り組みを支える医療専門家育成を促進する役割を担う。

IHHは先に、新興国市場での事業拡大の一環として、増加している中産階級向けに中国の成都に病床数350の病院を建設すると発表している。

IHHは国営投資ファンド、カザナ・ナショナルが経営権を持つグループで、シンガポールの完全子会社、パークウェイ・パンタイが経営する。同グループは既にマレーシア、シンガポール、トルコの他6カ国の重要な市場で49の病院で約1万床を運営する。(クアラルンプール=CK・タン)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。