/

台湾エイサー、10~12月の純利益64%減

■宏碁(エイサー、台湾のパソコン大手) 2015年10~12月期の連結純利益は前年同期比64%減の2億台湾ドル(約7億円)だった。パソコン市場の縮小による販売減が響いた。売上高は同20%減の683億台湾ドルだった。

15年12月期通期の純利益は前の期比66%減の6億台湾ドル、売上高は同20%減の2637億台湾ドルだった。米調査会社のIDCによるとエイサーの15年のパソコン出荷量は前年比18.1%減の1968万台。リストラで機種の点数を絞り込んでいることなども影響した。シェアは7.1%。米アップルに抜かれて業界5位に転落した。(台北=山下和成)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン