/

ホンダ、インドにHV再投入 品ぞろえ拡充

【ニューデリー=堀田隆文】ホンダは25日、インド市場にハイブリッド車(HV)を再投入すると発表した。ホンダは2008年に主力車「シビック」のHVをインドに投入したが、同年中に販売を中止。今回、HVを改めて同国の品ぞろえに加える。

インド現地法人が主力車「アコード」のHVタイプを来月から正式発売すると発表した。インドに投入するアコードHVはタイから完成車を輸入する。アコードのHVでは上級仕様となるタイプで、内装、外装とも充実させた。価格は370万ルピー(約580万円、デリー首都圏での価格)となる。

30万~40万ルピー台の価格帯の小型車が多いインドでは高価格となるが、主力車種のHV投入でブランド力の向上を図る。25日、ニューデリーで開いた新車発表会で、四輪車のインド現地法人であるホンダ・カーズ・インディアの上野洋一郎社長は「新車で市場のオピニオン・リーダーである消費者層向けにアピールしたい」と話した。

インドではトヨタ自動車が「プリウス」などのHVを展開済み。だが、まだ市場規模は小さく、将来の需要拡大が期待されている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン