2019年8月20日(火)

GM、シンガポールの人員削減

2017/5/25 20:46
保存
共有
印刷
その他

■ゼネラル・モーターズ(GM) シンガポールの人員を年内に180人から50人に削減する。6月末と12月の2段階に分けて実施し、同国の人員の70%超が削減対象となる見込み。一部は社内異動の可能性もあるという。

国際事業の統括本部であるGMインターナショナルのロリ・アルピン広報責任者は「GMインターナショナルはシンガポールにある地域本部を合理化する」とした上で、「スリム化と分散化を図る」と述べた。

シンガポール拠点の人員削減はGMのグローバル事業見直しの一環として行う。より高い収益が見込める米国や中国などの市場に人的資源を集中させる。

同社は18日、インドの自動車市場から年内に撤退することを発表した。タレガオン工場での生産は継続するが、輸出向けに特化させる。同時に、いすゞ自動車に南アフリカの工場とトラックの合弁事業の株式30%を売却することを発表した。

GMは「これらを行うことで、年間約1億ドル(約112億円)の経費節減を見込んでいる」と発表した。

同社は新興国市場の販売拡大を目指し海外事業の本部を2014年に上海からシンガポールに移した。シンガポール本部はアフリカやオーストラリア、インド、中東、ニュージーランド、韓国、東南アジアの事業を統括してきた。一方、中国事業は引き続き上海拠点が統括している。

(シンガポール=谷繭子)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。