2019年2月20日(水)

インドネシアで手のひら決済 JCBなど、地場銀と実験

2016/7/25 18:39
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=鈴木亘】ジェーシービー(JCB)と富士通はインドネシアの地場銀行と組み、手のひらをかざすだけでクレジットカード決済ができるシステムの実証実験をジャカルタで始めた。JCBによると、実際に発行されたカードを用いて社外で本格的に実験するのは初めて。2017年の商用化を目指す。

カード発行で提携する国営大手銀バンク・ヌガラ・インドネシア(BNI)の社員100人程度を対象に24日から始めた。あらかじめ手のひらの静脈とカードの情報を登録しておくと、認証装置に手のひらをかざすだけで決済できる。財布やカードを持ち歩かずに支払いができ、指紋認証と比べ偽造されにくいため安全性が高いという。BNIの社員は衣料などの買い物をして新システムを試した。

商用化に向けて、8月にはBNIの本社ビルに入居するテナント数店舗でも実験する。インドネシアのクレジットカード利用者は人口の1割に満たない。JCBは富裕層向けの需要は大きいとみて、高級ホテルなどへの導入を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報