2019年1月24日(木)

シンガポールの政府系投資会社、インドネシア小売りに投資

2016/2/26 18:36
保存
共有
印刷
その他

■GIC(シンガポールの政府系投資会社) インドネシアの複合企業グループCTコープの主要小売部門であるトランス・リテールに5兆2000億ルピア(約440億円)を投じ、株式の約17%を取得する。

CTコープの事業はテレビやオンライン・メディアから小売りや銀行業、遊園地にまで及ぶ。その小売部門であるトランス・リテールはもともとはフランスの同業カルフールのインドネシア部門で、現在同国でカルフールとトランスマートのブランドでハイパーマーケットとスーパーマーケットを86店舗展開している。

GICの24日のプレスリリースによると、インドネシアの小売りが伝統的な個人商店から近代的な取引スタイルに変わる中、トランス・リテールは急速に拡大する消費者層の取り込みを狙う。(シンガポール=菊池友美、ジャカルタ=鈴木亘)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報