/

この記事は会員限定です

市場刺激の切り札定まらず アジアで即席麺離れ

[有料会員限定]

東南アジアの即席麺市場は今後、縮小が続くのか再び拡大するのか。市場を刺激するためのメーカーの切り札は、まだ定まっていない。

日本では初の即席麺とされる日清食品の「チキンラーメン」が1958年に登場。60年代末には袋麺販売が鈍化し、70年代初めからカップ麺が成長した。80年代末にはカップ麺が袋麺を上回り、生麺タイプの発売もきっかけに段階的に市場が膨らんだ。

タイやベトナムの袋麺は丼に麺を入れ、直接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン