アジアで即席麺離れ 人口増でも不振、新機軸競う

2016/8/26 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアで即席麺市場が頭打ちとなり、メーカー各社が新機軸を競っている。タイの最大手、タイ・プレジデント・フーズ(TF)は生タイプの商品化を視野にラーメンレストランに参入。ベトナムでは最大手エースコックがカップ商品を切り開こうとしている。人口増を追い風に拡大が見込まれていた市場だが、軽食の多様化などで即席麺離れが進む可能性もあり、各社は刺激策を探る。

タイの首都バンコクから南東へ100キロ。シラチャ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]