/

この記事は会員限定です

アジアで即席麺離れ 人口増でも不振、新機軸競う

[有料会員限定]

アジアで即席麺市場が頭打ちとなり、メーカー各社が新機軸を競っている。タイの最大手、タイ・プレジデント・フーズ(TF)は生タイプの商品化を視野にラーメンレストランに参入。ベトナムでは最大手エースコックがカップ商品を切り開こうとしている。人口増を追い風に拡大が見込まれていた市場だが、軽食の多様化などで即席麺離れが進む可能性もあり、各社は刺激策を探る。

タイの首都バンコクから南東へ100キロ。シラチャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン