2019年9月17日(火)

マレーシアの空港管理社、エアアジアなどと開発計画で合意

2016/5/25 22:45
保存
共有
印刷
その他

■マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(空港管理会社) 同国のクアラルンプール国際空港周辺を開発する「KLIAエアロポリス」計画で、格安航空会社(LCC)のエアアジアなど複数の企業と事業提携に合意した。

マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は取り扱い客数で世界2位の空港管理会社。

同社によると、KLIAエアロポリス計画の始動で、クアラルンプール国際空港を中心に周辺を空港都市に開発する。

KLIAエアロポリスは、航空貨物・ロジスティクスエリア、航空宇宙エリア、およびイベント・会議・レジャーエリアの3エリアを備える。

MAHBは、複合企業のDRBハイコム、LCCのエアアジアと契約を結んだ。両社は航空貨物・物流事業で提携する。

DRBハイコムの子会社で航空貨物陸上サービスを提供するKLエアポート・サービシズの貨物事業に、かつてのLCCのターミナルを貨物ターミナルに転用した約4万平方メートルの敷地を割り当てる。

空港都市の開発の一環として、貨物やグランド・ハンドリングを手掛けるラヤ・エアウェイズが、物流のDHLエクスプレスや国際航空サービスを提供するアラブ首長国連邦のDnataと業務提携する。(クアラルンプール=朱静儀)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。