2019年8月25日(日)

ジェトロ、タイで農水産物商談会

2016/11/24 21:21
保存
共有
印刷
その他

■日本貿易振興機構(ジェトロ) バンコクで24日、日本産の農水産物の商談会を開いた。過去最大の出展社・団体数だった。昨年より1割多い2億円の成約を目指す。東南アジアで高まる日本食需要を取り込む。

4回目の開催となる今年は、昨年より出展社・団体数が5社増えて43社となった。生ガキやマグロなどのほか、冷麺や和牛、うどん、そば、野菜など様々な食材をタイの飲食関係者に売り込んだ。

日本産の農水産物の輸出額を地域別に見ると、東南アジアは香港に次ぐ2位となる一大市場だ。2015年の輸出額実績は前年比13%増の1198億円だった。

ジェトロバンコク事務所の三又裕生所長は「タイで加工した日本食品をミャンマーなど周辺国に輸出する事例が増えており、タイの食品加工ハブとしての位置付けが高まっている」と述べ、さらなる需要拡大が見込めるとした。

日本は、調理の腕前が一定程度に到達した海外の料理人を認定する仕組み「日本料理の調理技能認定制度」のガイドラインを4月に策定した。ジェトロは日本食材の認知度向上のため、同制度などの紹介セミナーをバンコクで随時実施していく方針だ。

(バンコク=京塚環)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。