/

この記事は会員限定です

日韓ロッテ、アジアで連携 一体運営に弾み

[有料会員限定]

日韓のロッテが協力してアジア市場の本格開拓に動き出す。タイ・バンコク中心部に来年3月、共同出資する免税店を出店。互いの経営ノウハウを持ち寄り、現地での観光需要を取り込む。韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(辛東彬=シン・ドンビン)氏(60)がロッテホールディングス(HD、日本)の代表取締役に就任したのを契機に、日韓の「一体経営」を強化する。タイでの免税店はその第1弾となる。

バンコクで開業するのは空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン