/

この記事は会員限定です

ロッテの免税店事業、海外に活路

[有料会員限定]

自国における成長制約の影が迫るなか、日韓ロッテは最初の協力に免税店を選んだ。韓国でガリバー企業のロッテ免税店は高シェアが警戒され、国内での新規出店が難しい。人の往来が増えるアジアは高成長が見込めるため、ロッテは今後の出店戦略の軸足を韓国から移そうとしている。

韓国関税庁は10日、15年ぶりのソウル市内の新免税店の審査結果を発表したが、ロッテは落選した。韓国の昨年の免税店市場約8兆3千億ウォン(約8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン