/

中国中信集団、香港企業に飲料事業売却

■中国中信集団(CITIC、中国の国有複合企業) 国内飲料事業を合弁相手の香港のスワイヤパシフィック(太古)に売却する。金融や資源開発など中核事業に経営資源を集中する。売却額は12億5000万元(約240億円)。

売却対象は太古中萃発展の株式の15%、合肥太古コカ・コーラ飲料の20%、鄭州太古コカ・コーラ飲料の13%。スワイヤが全株式を引き取る。

太古中萃発展は杭州や南京、西安などに工場を持ち、コカ・コーラなど飲料の製造・販売を手掛けている。(香港=粟井康夫)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン