/

期限切れ肉の上海福喜食品、340人解雇

■OSIグループ(米食品大手) 期限切れの食肉を販売した疑いがある、傘下の上海福喜食品の従業員340人の解雇を22日付で実施した。マクドナルド中国など大口取引先が仕入れを打ち切ったためだ。

「近いうちの生産再開が不可能になった」としている。

解雇した340人のうち正規従業員は226人で、残りは非正規従業員。期限切れ肉問題が発覚した後、大部分は有給休暇扱いとしていたが、解雇に踏み切る。政府への調査に協力するため、少数の従業員の雇用は続け、福喜食品の完全閉鎖はしないという。

米OSIは中国での生産再開のめどが立たないことから、広州工場の運営を米同業に委託するなど中国でのリストラを急いでいる。

福喜食品の幹部6人は公安当局に逮捕されている。(上海=土居倫之)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン