2019年1月24日(木)

マレーシア国営投資会社、中国のモバイル金融企業に投資

2016/1/22 18:31
保存
共有
印刷
その他

■カザナ・ナショナル(マレーシアの国営投資会社) 中国拠点のモバイル金融企業、ウィラボに投資したと明らかにした。ING銀行、広東省の国営金融会社とコンソーシアムを組み投資額は1億6000万ドル(約188億円)。

中国のフィンテック(IT技術を使った金融サービス)企業が外国の金融機関から資金を調達するのは初めて。ウィラボは昨年1月にも長江和記実業(CKハチソンホールディングス)のTOM集団を含む投資家グループから2000万ドルの資金を調達している。

ウィラボは数分でクレジットの承認ができるモバイル金融サービス「我来貸」を中国で、「WeLend.hk」を香港で運営している。カザナは、従来の手段で借り入れができなかった借り手にも対応するウィラボのビジネスモデルは「魅力的」だとの見方を示した。

カザナは先週、国内の投資先に大きく偏った投資の資産配分に中国や他の海外資産を加えるなどして分散する意向を明らかにした。ウィラボへの投資で、マレーシアの大手金融機関CIMBグループ・ホールディングスの支配権を持つカザナは中国で成長中の消費者金融市場に足場を築く。

ウィラボは声明で、新たに調達した資金をモバイル金融サービスの拡充にあて、さらに多くの若者をモバイルバンキングに取り込む意向を示した。(クアラルンプール=CK・タン)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報