2019年7月23日(火)

インドネシア金融機関のBRI、自社衛星打ち上げ

2016/6/21 19:11
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=鈴木亘】インドネシア国営で少額融資が主力のバンク・ラクヤット・インドネシア(BRI)の通信衛星「BRIサット」が21日までにフランス領・南米ギアナから打ち上げられた。金融機関が自社衛星を保有するのは世界で初めてとみられる。国内各地に散らばるATMなどの設備を効率よく管理する狙い。従来に比べてコストを4割削減できるとしている。

南米ギアナから打ち上げられた通信衛星「BRIサット」=アンタラ通信

投資額は約2億5000万ドル(約260億円)。衛星は米スペースシステムズ・ロラールが製造し、仏アリアンスペースが18日打ち上げた。45台のトランスポンダー(電波中継器)を装備した。8月から本格的な運用を始める見通しで、欧米で訓練を受けたBRIの行員50人強が管理する。

BRIはインドネシア国内に1万以上の拠点を持つ。ただ、島しょ国の同国では固定通信網を介して各拠点にあるATMなどの設備を管理するのが難しい。BRIはこれまでも通信会社が保有する衛星を使っていたが、事業拡大につれ衛星の利用額が年間5000億ルピア(約39億円)まで膨らんでいた。

インドネシアでは通信インフラの整備遅れなどを背景に、15歳以上の銀行口座の保有比率が4割弱にとどまる。BRIは投資コストを抑えながら地方での事業展開を加速し、未開拓の市場を取り込む。

インドネシア政府は経済成長率が鈍化する中、市中銀行に貸出金利の引き下げを呼びかけている。BRIは業務効率を高めて金利引き下げによる採算の悪化を補う狙いもある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。