/

ネスレ、中国に乳業の研修施設

■ネスレ 中国黒竜江省双城に乳業業界向けの研修施設を完成させた。敷地面積は60万平方メートル。現地業者に開放し、牧場の大規模化や近代化を後押しする。21日付の中国紙によると投資額は2億元(約35億円)。

教育施設1棟のほか、最大1200頭の乳牛を飼育できる牧場など3つの牧場を備える。現地の事業者は牧場の大規模運営ノウハウを実践形式で学べる。年間700人超の受講を見込む。

ネスレは1987年に自社の乳製品向けの原料供給基地として双城に牧場を開設した。現在は山東省や内モンゴル自治区にも自社牧場を抱える。研修施設は対外開放し、現地牧場の近代化を後押しして、高品質で安全な原乳の調達先を広げる。(上海=菅原透)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン