2019年6月25日(火)

台湾・広達電脳、医療機器を強化

2017/6/21 20:18
保存
共有
印刷
その他

■広達電脳(クアンタ、台湾の受託生産大手) 林百里董事長は医療機器分野を強化する方針を明らかにした。サーバーの製造などを通じてクラウド関連のノウハウを蓄積しており、医療分野での活用を進める。

16日に台湾北部の桃園市で開いた株主総会の後で林董事長が記者会見した。「台北医学大学と協力して医療システム分野の研究を進めてきたが、やってみて初めて需要が極めて大きいということが分かった」と述べた。サーバーやクラウド技術を生かし、医療分野で機器間連携やシステム構築を進めるとみられる。

同社はパソコン(PC)の受託生産で成長したが、サーバーの生産に注力している。林董事長は「医療分野で人工知能(AI)を活用するためのプラットフォームを構築したい」とも述べた。

(台北=伊原健作)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報