車部品トップ10 インドから挑戦 
サンバルダナ・マザーソン・グループ、5年で

2015/11/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドの自動車部品大手サンバルダナ・マザーソン・グループ(SMG)が3兆円企業への脱皮に向けて走り出した。M&A(合併・買収)と研究開発(R&D)を両輪にグループ売上高を2020年3月期までに4倍近くに引き上げるのが目標だ。これを達成すれば自動車部品で世界トップ10入りもみえてくる。

■買収・研究開発 両輪に

生産ラインに立つ人は赤いスカーフ、材料を運ぶ人は青いスカーフ、特殊工程を担う人はオレンジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]