ラザダ、配車や動画で共通会員制

2017/4/20 21:05
保存
共有
印刷
その他

■ラザダ(東南アジアのネット通販大手) 米配車アプリの「ウーバー」や動画配信の「ネットフリックス」などと共通会員サービスをシンガポールで始めた。年会費を払うと割引などの特典を受けられる。

年会費は通常価格49.9シンガポールドル(約3900円)。会員はラザダで次回購入時に利用できるポイントの付与、ウーバー乗車時の割引、ネットフリックスの半年間視聴無料といった特典を受けられる。

東南アジアには、米電子商取引(EC)大手のアマゾンが近々進出するとの報道もある。ラザダなどが共通会員サービスを始めた背景には、ネット通販のほかに動画配信なども手掛けるアマゾンに対抗し、既存顧客を囲い込む狙いがあるとの見方もある。

(シンガポール=菊池友美)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]