ベトナムで乳業とIT、異色の提携 ビナミルクとFPT

2016/10/20 21:27
保存
共有
印刷
その他

一部を改装してビナミルクの小売店が入ったFPTショップ(ホーチミン市)

一部を改装してビナミルクの小売店が入ったFPTショップ(ホーチミン市)

【ハノイ=富山篤】ベトナム乳業最大手、ベトナム・デイリー・プロダクツ(ビナミルク)とIT(情報技術)最大手のFPTが小売事業で提携した。パソコンなどを売るFPTの小売店を一部改装してビナミルクの店舗にする。1号店をホーチミン市に開業した。店舗拡充を狙うビナミルクと小売事業切り離しを狙うFPTの思惑が一致し異色の提携となった。

FPTは全国350店を展開する。小売事業はグループ総売上高の5割前後を占めるが、経営資源をIT分野に集中するため、小売事業の切り離しを示唆していた。

一方、ビナミルクは乳製品を全国22万店のスーパーなどで販売するが、競争激化で値下げ販売が増加。自社製品だけを扱う直営店拡大を狙う。将来的にFPTの小売事業買収も視野に入れる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]