/

この記事は会員限定です

「おいしく安全」社食もカイゼン アジアの工場

働き手確保にも一役

[有料会員限定]

アジアの工場で社員食堂を充実させる動きが広がっている。運営に外資も含め大手業者を採り入れ、メニューや衛生管理を見直し従業員の満足度を高めるためだ。「おいしく安全な社食」は高賃金や好待遇を求めた転職が珍しくないアジアの働き手の引き留めに一役買う。増える事業所給食の受託を巡り、欧米大手や日系事業者が競う姿も当たり前になってきた。

ベトナム・ハノイから車で1時間ほどのキヤノンベトナム・ティエンソン工場。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン