2019年6月18日(火)

CIMB会長、疑惑調査で休職 マレーシア政府系銀

2016/4/19 22:53
保存
共有
印刷
その他

【クアラルンプール=CK・タン】マレーシア政府系の大手銀行、CIMBグループ・ホールディングスは19日までに、ナジル・ラザク会長が休職に入ったと明らかにした。兄である同国のナジブ・ラザク首相の政治資金資金供与問題に関する第三者の調査に協力するためという。

ナジル会長は、2013年に複数の政治家へ同行を経由して送金があったことを認めている。法律に抵触する行為はなかったと主張しており、「調査期間中、完全に休職しなければ当行が目指す最高水準の企業統治は実践できない」と述べている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報