2019年5月27日(月)

ハルタレガ、為替変動分を価格転嫁

2016/4/19 22:35
保存
共有
印刷
その他

■ハルタレガ(マレーシアのゴム手袋大手) マレーシア通貨リンギが対ドルで上昇していることに対し、クアン・ムン・レオン社長は為替変動分を価格に転嫁する考えを示した。ゴム原料をドル建てで取引しているため。

クアン社長は「この業界はリンギ安になれば値下げをする」と語り、逆にリンギ高になれば「値上げをしなければならない」と強調した。

マレーシア通貨のリンギは過去1カ月間にドルに対して6%上昇、最近1ドル=3.87リンギの高値をつけた。

クアン社長は、ハルタレガの製品の約95%がニトリルゴムを原料にしていると述べ、「歴史的にニトリルゴムはドル建てで取引されている。我々の製品コストの30~40%ほどがニトリルゴムなので、その分ヘッジが働く」とも語った。(クアラルンプール=朱静儀)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報