/

鴻海、ノキアの携帯買収 グループ会社通じ380億円

【台北=伊原健作】台湾の電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、鴻海(ホンハイ)精密工業は18日、グループ会社を通じ、ノキアの従来型携帯電話事業を買収すると発表した。買収額は3億5千万ドル(約380億円)。鴻海は4月にシャープの買収を決めたばかりで、M&A(合併・買収)によるブランドビジネスの取り込みを加速している。

ノキア(フィンランド)は2014年に携帯電話事業を米マイクロソフトに売却した。鴻海は今回、中国で携帯電話の受託製造を手掛ける富智康集団(FIHモバイル)を通じ、マイクロソフトから事業の一部を買収する形を採る。契約にはスマートフォン(スマホ)事業は含まれていない。

ノキアブランドの従来型携帯電話はインドやインドネシア、中東などの新興市場で展開している。昨年発表した新製品は1台55ドルの低価格が武器で、鴻海は成長性があると判断したとみられる。

鴻海は16年1~3月期の連結純利益が前年同期比9%減の275億台湾ドル(約920億円)と、2四半期連続の最終減益となった。大口顧客である米アップルのスマホの販売不振が足かせで、成長に向け新たな収益源を模索している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン