米バンガード、信託報酬など引き下げ

2016/10/24 20:50
保存
共有
印刷
その他

■バンガード・グループ(米大手運用会社) 香港取引所に上場する上場投資信託(ETF)すべての信託報酬とサービス料を引き下げたと発表した。米ブラックロックなど同業他社の引き下げに追随する。

資産残高に対する総経費の割合を示す総経費率は、同社の5つのファンドで22~47%下がる見込みだ。

同社の中で最も古い「FTSEアジアexジャパン・インデックスETF」の総経費率は現在の0.38%から0.2%に下げた。「S&P500」や「FTSEヨーロッパ」は0.25%から0.18%に下げた。 米同業大手ブラックロックが10月初旬に同社のETFブランド「iシェアーズ」の15の株式および債券ファンドを含む主力ETF商品のコストを引き下げたほか、チャールズ・シュワブやフィデリティもそれぞれ10月と6月に引き下げに動いており、バンガードも追随した形だ。(香港=何楽怡)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]