2019年6月25日(火)

越FPTテレコム、IIJと広帯域クラウド

2017/4/18 22:25
保存
共有
印刷
その他

■FPTテレコム(ベトナムの通信大手) インターネットイニシアティブ(IIJ)と共同で個人、ビジネス、法人向けクラウドサービスを開始した。ベトナム初の本格的、広帯域、高品質のクラウドサービスとなるという。

同社はベトナムIT(情報技術)最大手FPTの子会社。グエン・ヴァン・コア社長は、利用者は安定したネットワークを通じてサービスにアクセスできると強調した。新サービスを利用するためにデバイスを購入する必要はない。

IIJグローバルソリューションズベトナムの松元涼社長は「クラウドサービスの需要を喚起しベトナム市場をリードする」とNikkei Asian Reviewに述べた。FPTテレコムは初年度に4000件の法人顧客の獲得を目指す。またベトナムの人口9000万人のうち70%が2020年までにインターネット利用者になると予想されており、両社は個人利用者の獲得も目指している。

IIJは今回と同様のサービスをシンガポール、インドネシア、タイでも提供している。松元社長は今後数年以内にFPTテレコムと共同でコンピューターセキュリティーやネットワーク管理関連の事業を開始したいと述べた。

ベトナムではIBM、グーグル、シマンテック、アマゾン、オラクル、マイクロソフトなど世界企業が単独または地元企業との合弁で携帯電話向けブロードバンド基盤を利用したサービスを展開している。IIJとFPTの提携でこの分野での競争は一層激しくなる見込みだ。

アジア・クラウドコンピューティング協会の2016年版クラウド整備指数でベトナムはアジア太平洋地域で14位。シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシアなどに後れをとっている。

(ハノイ支局)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報