/

米アップル、中国の太陽光発電に出資

■アップル 中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で計画中の太陽光発電事業に出資する。米太陽光発電大手サンパワーなどが主体の大型計画で、アップルは同発電所が生み出す電力を自社のデータセンター運営に活用する。

中国メディアによると、周辺施設も含めた総事業費は300億元(約5800億円)に達する見通しで、2015年10~12月中の完成を目指す。まずは6万1000戸分の家庭向け電力量に相当する年間8000万キロワット時の電力を供給する計画という。

アップルは中国政府の意向を受ける形で、昨年から中国国内でデータ保存サービス「iCloud(アイクラウド)」向けのデータセンター運営を始めた。欧米でも自社データセンターに再生可能エネルギーの活用を進めており、中国でも「環境重視」の姿勢を前面に打ち出す。(北京=阿部哲也)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン