2019年6月20日(木)

ベトナム最大手のPVガス、メコンに導管 1440億円投資

2017/5/19 20:49
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=富山篤】ベトナムの国営ガス最大手、ペトロベトナムガス(PVガス)は三井石油開発などと組み、メコンデルタに全長431キロメートルのパイプラインを建設する。建設費は12億7000万ドル(約1440億円)と海外企業が絡む投資案件では今年最大。南部に建設中の大型火力発電所にガスを供給する。

両社のほか、タイのPTTエクスプロレーション・アンド・プロダクションも参画する。全体の7割が沖合で、日量2030万立方メートルのガスをキエンザン省、カントー省の発電所に輸送する。

2つの火力発電所の詳細は明らかにされていないが、発電能力は計366万キロワット。ベトナムでは近い将来の電力不足が予想されており、南部を中心に火力発電所の建設が相次いでいる。

供給源となるガス田は2020年から20年間、年間約50億立方メートルのガスを供給できるとみられている。

PVガスは国内のガス市場の70%のシェアを握る最大手。ベトナム周辺では良質なガスが採掘できることに加え、石炭依存を減らしたい国の思惑もあり、ガス開発に積極投資している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報