2019年3月23日(土)

中国「食の巨人」苦境 好み多様化、定番離れ

2017/4/20 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国で圧倒的な市場シェアを握る食品大手が苦境に立たされている。2016年12月期業績では、即席麺最大手の康師傅控股が3期連続の減収減益となり、乳業大手の蒙牛乳業は最終赤字に転落した。消費者の好みの多様化で定番商品離れが起きているほか、宅配サービスの普及も進む外食との競合が激しくなっているためだ。一時代を築いた巨大メーカーの復活に向けた道は険しい。

「今はよりおいしいと感じる商品が増えた。それに、…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報