香港の長江和記実業「脱・中国」戦略に逆風
英携帯買収、当局が「待った」

2016/3/18 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港を代表する大富豪、李嘉誠主席が率いる複合企業、長江和記実業(CKハチソンホールディングス)の経営戦略に向かい風が吹いている。中国経済の減速を見越して中国・香港で資産売却を進める一方、欧州でM&A(合併・買収)を加速してきたが、英国での携帯電話会社買収に規制当局が待ったをかけた。中国国内からも資本流出をけん制する声がくすぶり、「脱中国」戦略は足踏みを迫られている。

李嘉誠氏がメディアの前に姿を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]