/

テンセント46%増益 中国版LINE8億人

4~6月

【広州=中村裕】中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)が17日発表した2016年4~6月期決算は純利益が前年同期比46.8%増の107億3700万元(約1630億円)と大幅に伸び、四半期ベースで過去最高となった。中国で人気のスマートフォン(スマホ)向けの対話アプリで、中国版LINEといわれる「微信(ウィーチャット)」の利用者数が初めて8億人を突破、ゲームなど関連事業が収益を押し上げた。

売上高も52.3%増の356億9100万元で、四半期ベースで過去最高となった。微信の利用者数は前年同期の6億人から一気に約2億人増え、6月末時点で8億570万人となった。

微信を通じて提供される有料ゲームをスマホにダウンロードして遊ぶ人が増え、ゲームを主体とする事業の売上高は39%増の256億8000万元となった。広告主体の事業は60%増の65億3200万元。米プロバスケットボール協会(NBA)と、自社の動画サイトを通じて全試合を中継する独占契約をしており、関連の広告収入が増えた。

6月には、ソフトバンクグループからゲーム大手のスーパーセル(フィンランド)を73億ドル(約7300億円)で買収すると発表するなど、今後も事業拡大の勢いを強めそうだ。時価総額は17日終値時点で、1兆8270億香港ドル(約23兆7000億円)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン