2019年6月20日(木)

日系自動車9社、タイの生産台数13年比2割減

2016/3/18 21:22
保存
共有
印刷
その他

■在タイ日系自動車各社 バンコク日本人商工会議所はトヨタ自動車など日系自動車9社のタイの生産拠点での2016年の生産台数計画の合計が15年比1%増の182万台となることを明らかにした。過去最高の13年比2割減となる。

トヨタ自動車、いすゞ自動車、ホンダ、日産自動車、三菱自動車、マツダ、スズキ、三菱ふそう、日野自動車の16年のタイ国内での生産計画台数を集計した。

仕向け地別では輸出向けが前年比ほぼ横ばいの115万台、国内向けが2%増の67万台となるとした。停滞が長引く国内市場は16年の新車販売台数が15年に比べさらに落ち込む見通しだが、日系各社がマイナーチェンジを含め新車種を相次ぎ投入するため、生産が微増するとした。

車種別では乗用車が3%増の73万台、ピックアップトラックが4%減の90万台となるとした。

一方タイ工業連盟は欧米勢も含めたタイ全体の自動車生産台数が16年に前年比5%増の200万台となるとしている。ただ、16年1~2月の同国自動車生産台数実績は前年同期比9%減の31万台と低迷している。(バンコク=京塚環)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報